上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • 坂本龍一さんがピークオイル&脱石油依存に関して語っておられます。
     
     
    1 on radio sakamoto  2010 0103 深夜放送分 
     
    http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/program/top.htm
     
    枝廣淳子さんとの対談から
     
    坂 「エネルギーの供給の構造を変えないとダメなんでしょう。化石燃料に依存しているから、そういう議論が出てくるんで。それを変えちゃえば、いっぺんに解き放たれるというかね。エネルギーのソースも、太陽も風力も地熱も波とかね、いろいろある訳だから、で、そこがまだビジネスモデルがまだ確立してないからこそ、大きな企業も中小企業もチャンスがあるってことですよね」

    枝 「もうひとつ怖いのは、エネルギーの問題が先に来ると思っているんですけど "ピークオイル" って言って、化石燃料、石油の生産量がピークに達して、そこから減っていくっていう。研究者が言っている平均値を見ると2012~2014年、あと2~3 年で来るって言ってるんですよね。で、その後、絶対に価格が上がっていくでしょう。1998年に日本が化石エネルギーを輸入するのにかけてたコストって、 5兆円くらいなんですね。ちょうど10年後の2008年、輸入量はほとんど変ってないんですけど、5兆円が23兆円になってるんですね。グラフがぐんぐん上がってるんですよね。消費量はあまり変らないんですけど、値段がどんどん上がっているんですね」

    坂 「23兆円!すごいですねぇ。ピークオイルっていうのは、ある点ではなくて傾向のことだから、もう始まってるんですよね。つまり、人によって、まだ石油の埋蔵量がこのくらいだとかね、ここ掘ればもっと出てくるハズだっていう人もいるけど、実はそういう話ではなくて、もちろん一生懸命探せば少しは出てくるでしょう。ところが探すのにも運んでくるのにも、ものすごいお金がかかる。結局、需要と共有のバランスで決まる値段のことなんですよね。つまり値段が上がり始めたってことは、ピークオイルが始まってるんですよね」

    枝 「実際に週単位で見たときの世界の産油量を見ると2006年がピークなんですよね。OPECは増やしてないと言うけれど、地質学者は増やせないんじゃないかとも言っていて、後から見たらピークオイルだったよね、っていう。それが何年かずれても値段が上がるのは間違いないから、ほんとにそのエネルギー構造を変えないと、この化石燃料に頼り続けているとCO2を出して排出量取引を買ってこないといけないし、エネルギーコストは23兆円から50兆円に上がって、とっても日本が貧しくなっちゃうなと思って心配なんですよね」
     
    (坂本龍一さんと枝廣さんの対談は、ノーカット版をポッドキャスティングで近日配信とのことです)
     
     
    2 
     
    http://www.more-trees.org/blog/2009/10/post-102.html

    水谷伸吉さん(more trees事務局の方) 

    「 もし仮に、温暖化が特定の集団が恣意的にあおっていることだとしても、脱化石燃料、低炭素社会はめざすべきだろう。これはウチのボスもメディアなどで語っていることだ。 」

     
     
    今年も徐々に、 
     
    ピークオイル & 脱石油依存  > 気候変動  
     
    peak oil & departure from dependence on oil  >  climate change
     
     
    そういう価値観を深めていく時期だと思っています。
    2010.01.04 Mon l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 坂本龍一さん says about ピークオイル&脱石油 l top ▲
  • あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

    さて 火曜日のNHKプロフェッショナルに知人がでるかもしれません。

    1月5日(火) 放送予定
    命の農場で、土に生きる
    ~農家・金子美登~

    http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html
    予告動画あり

    昨年6月に埼玉で「第2回自家採種生産者会議」があり、金子美登さんも来られてお話をされました。TV局2社の取材付きでした。

    詳細は以下URLのリンク先をお読みいただけると有難いです。宜しくお願い致します。

    http://dotcom07.blog32.fc2.com/blog-entry-34.html
    2010.01.03 Sun l 自然農法 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 火曜日のNHKプロフェッショナルに知人がでるかもしれません。 l top ▲
  • アラスカ大学国際北極圏研究センターの赤祖父俊一先生がクライメートゲート事件とコペンハーゲン会議に関してコメントされています。
     
    個人的なポイントをまとめてみました。  皆様 どう思われますか?
     
    宜しければご意見を賜りたいと思っています。宜しくお願い致します。
     
     
    http://oilpeak.exblog.jp/12550548/#12550548_1
     
     
    ( 米国ではニューヨークタイムズやワシントンポストなどの大新聞が直ちにクライメートゲートについて報道したが、どれも極めて歯切れの悪いものであった。 )
     
    ( 米国は中国を自分の工場にしてしまっている。しかも中国に膨大な借金がある。すなわち、大悪玉同士には切っても切れない深い関係がある。オバマは中国に何も要求できる立場にはない。したとすれば、すでに了解済みの芝居であろう。さらに、オバマがどんな数字を持ち出しても、連邦議会上院の承認なしには条約に調印できない。上院は京都議定書は審議必要なしとして一蹴している。鳩山首相と科学顧問団はこんな簡単な世界情勢がわからないのか。国際リーダーシップを取りたいことはわかるが、この問題では不可能だったのである。 )
     
     
     
    一方、本格的な総本山からの漏れはコペンハーゲン会議が始まってから起きたようである。IPCCが使ったデータの情報が流れ出したのである。各国は気象データをIPCCに提供してきた生データを持っている。さっそく、ロシア、オーストラリアなどが彼らの生のデータとIPCCの使ったデータを比較したところ、彼らの観測所で温暖化が起きていないものは使われていないことがわかった。これではいよいよIPCCは自身に都合のよいデータを選んでいたことが発覚してしまった。
     
    自然変動を詳しく観察すると地球は1800年頃から温暖化している(これについては後で詳述する)。IPCCの行ってきたことは、一般市民にこの温暖化にさえ疑問を持たせ、科学と科学者の信用を台無しにしてしまった。
     
    「 自然の気候変動への対応は炭酸ガス放出を削減することではなく、この自然変動に順応すること 」
     
    実はIPCCについては、もっと本格的な重大問題がある。それは、IPCCの旗印となってきた「ホッケー・スティック」というあだ名のある図についてである。(中略)この図には、気候学初級の教科書でさえ論じられている1000年頃の中世温暖期も、1400~ 1800年に起きた小氷河期もない。中世温暖期は現在より気温が高かったという研究もあり、それは現在の気温が過去かつてなかった最高気温であるという IPCCの主張にとって不都合である。また、小氷河期がないのは、小氷河期が1800年代に終わり、その後回復(温暖化)が始まっていることはわかっているので、温暖化が1900年になってから始まったとするためには都合が悪いからである。
     
    統計的な誤りは指摘されたが、IPCCはこの図を公式に引込めてはいない。公式に誤りを認めないことも大きな問題である。なぜそんな簡単なことができないのか。その理由は、この図が政治家を含めて一般に広く信用されてしまっているからで、IPCCの信用問題になるからである。筆者は公式発表があるまで、これを問題とする。
     
    IPCCを強力に支持してきた英国のBBCは一転してIPCCの激しい批判にまわった。総本山が英国にあることの責任を負ったのであろう。報道としては健全である。NHKはまだ沈黙を続けているとのことである。
     
     
     
    図 
     



    図の説明
     過去の年代による温度変化を示す曲線が2つ示してある。青線はMoberg他が英国の科学雑誌Natureに2003年に発表したものであり、最も信用度の高い研究である。赤線はホッケー・スティックと呼ばれるIPCCの旗印となったものであり、1900年頃急に温暖化が始まったとしている。赤線には中世温暖期も小氷河期も示されていない。
    2009.12.26 Sat l 気候変動 l COM(1) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 17世紀の寒冷期にテムズ川が完全に凍ったのだが、IPCCのホッケー・スティックにはあまり見当たらない。 l top ▲
  • いつもお読みいただき誠に有難う御座います。

    最近は主にmixi内でのnet活動(?(笑))が中心となっています。


    特に昨今のクライメートゲート事件(climate gate)に関して、mixi内でtopicsを立てさせていただき、かなり盛り上がっています。

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=48721467&comment_count=123&comm_id=114793


    また、mixi日記でも最新のnews関係にまつわることを中心に戯言ではございますがちょっとだけfor youの精神で書かせていただいています。

    http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5971609


    もし宜しければお読みいただければ有難いです。


    また、mixiのIDをお持ちでない方は、ID&passのご登録の上ご覧下さい。

    勝手ながら宜しくお願い申し上げます。
    2009.12.15 Tue l 挨拶 その他 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - このblogをお読みの皆様へ l top ▲
  • IPCCのねつ造疑惑に関して
     
    ようやく日本国内の大手メディアも報道を始めました。
     
     
     ・研究所、「温暖化誇張」メール流出
    TBS News - ‎7 時間前‎
     
    疑惑の舞台は、気候変動に関して世界的権威のあるイギリスの大学研究所。ここからあるEメールが大量に盗み出されたのです。 流出したメールは今、インターネット上で簡単に見ることが出来ます。研究者が地球温暖化を誇張したとも受け止められる内容となっています。 ...

    NHKはまだみたいですね(笑)。

    http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=IPCC+%B5%BF%CF%C7&st=
     
    http://news.google.com/news?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLT_jaJP348JP348&q=IPCC%20%E7%96%91%E6%83%91%E3%80%80&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wn

    2009.12.07 Mon l 温暖化 l COM(2) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - TBSの動画あり 約2週間以上のおくれで日本でも報道が始まった模様です。 l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。