上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • 日本と西洋社会では社会性の違いが顕著です。ともすると日本では正しい情報が伝わりにくいと思います。

    記事


    温暖化対策法案が衆院委で可決してしましました。

    記事

    こういう時こそ大手マスコミには頑張ってもらいたいです。


    PS 

    今の小選挙区制は、特に日本では本当に危険ですね。多数決が必ず正しいとは限らないですし。 

    2010.05.17 Mon l 気候変動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 毎日新聞の本日の社説:温暖化疑惑事件 科学者はもっと発信を l top ▲
  • 産経ニュースより 以下一部コピーです。


    5月3日。IPCCと国連の要請を受け、国際的学術組織「インターアカデミーカウンシル(IAC)」はIPCCの報告書を検証する12人の委員の名前を発表した。

    日本からも1人、気象学者の真鍋淑郎氏が入っていた。

     真鍋氏は78歳。東京大学理学部卒業後、渡米し米国海洋大気庁(NOAA)に入庁。プリンストン大上級気象学者で活躍の基盤は米国となっている。

     この人選について、国立環境研・温暖化リスク評価研究室長の江守正多氏は「温暖化予測の基礎を作った人。先人の立場でアドバイスしてもらえるのではないか」と評価する。

    --

     IPCCの報告書にかかわる科学者たちは無報酬だ。日本の場合、会議への参加は国家公務員の出張規定に準じて、日当と交通費が出るが、報告書をまとめたり、チェックしたりといった役割を担うのに費やす時間労力に金銭の対価はない。

     「本業以外に相当の負担労力がかかるわけだから、当初はIPCCの報告書の執筆者になりたいという科学者は少なかったが、今や肩書の一つになってしまっている」と、苦言を呈するのは、当初からIPCCに深くかかわってきた地球環境産業技術研究機構副理事長の茅陽一氏だ。


    http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100516/env1005161701002-n1.htm

    2010.05.16 Sun l 温暖化 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 産経:温暖化予測の基礎を作った78歳の気象学者がIPCCを公平にチェックできるのか? l top ▲
  • 動画:昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」 『国防、環境スペシャル』

    http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html
     
     
    主な出演者(敬称略)
    ◇パネラー 武田邦彦、小池百合子、三宅久之、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ
    ◇ゲスト 石破茂元防衛大臣/元農林水産大臣)明日香壽川(東北大学教授)
     
     


    http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=minta1122&prgid=37354482&categid=all&page=1

    ↑環境関連は40m前後からです。

    43m
    climategate事件の暴露メールのIPCC幹部の告白

    「世界の平均気温は この15年間 上がっていない」


    54m 鳩山さんの意味不明な発言 1

    55:20- 鳩山さんの意味不明な発言 2


    1H03m30sー 石破さんのいいご発言

    1H09m30s前後- 

    武田邦彦先生のいいご発言

    石破さん 「こんなことやってると2020年に国が倒れる」

    他にも参考になるご意見あり

    (時間表示は誤差のある可能性あり)



    武田邦彦先生、小池さん参加の鼎談

    http://www.ytv.co.jp/takajin/tamaran/index.html
    2010.03.15 Mon l 気候変動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 日曜お昼にTVで「世界の平均気温は この15年間 上がっていない」:動画あり l top ▲
  • 「過度の単純化を迫るIPCC内の圧力」

    ちょっと長めなので 個人的なポイントだけざっと抜粋させて頂きます。

     

     約30名の有給スタッフが、5~6年おきに大部の「評価報告書」の編さんにボランティアとして携わる数千名の科学者を支援する。IPCCでは、報告書の目的は「政策に関連するもの」ではあっても、「けっして政策処方的ではない」としている。

     今年度約700万ドル(約6億2300万円)規模のIPCCの予算は、米国をはじめとする先進工業国からの拠出金が主体となっている。

     批判者は、パチャウリIPCC議長による利益相反もやり玉に挙げている。同議長はインドのエネルギー研究機関を率いており、多国籍企業向けにコンサルタント業務を行ってきた。

    ----------

     パチャウリ議長は、利益相反に関し、自分はコンサルタント業務から「びた一文受け取っていない」としている。収益は同議長のエネルギー研究所に渡り、議長個人には入って来ないという。

    ---------------

     科学者は、温度計がまだ存在しなかった何千年も昔の気温を評価するために、年輪やその他の代用物を用いる。年輪の幅がより広ければ、より大きな成長を意味し、これは一般に、より高温の気温、もしくはより多くの降水量、またはその両方を示唆する。ブリファ氏はこの手法の先駆けだった。

     ハッカー攻撃を受けたイースト・アングリア大学からの流出分に含まれていた電子メールの中で、ブリファ氏はほかの研究者らに向けてこう記している。「『過去1000年以上にわたり例を見ない明白な温暖化』について整然としたストーリーを提示するよう迫る圧力があるのは知っている。だが現実には、状況はそれほど単純ではない」。

     ブリファ氏は、圧力の源については明らかにしなかった。大学の広報担当者によると、ブリファ氏はこの件についてコメントを断った。
     
    --------------
     
     言い換えれば、グラフはおそらくホッケースティック状にはならないということだ。
     
     
    2010.03.01 Mon l 気候変動 l COM(2) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - wall street journal says about IPCC, now. l top ▲

  •  本日1月12日付の読売社説より 抜粋です。
     
    -------------------
     
    ◆温室効果に懐疑論も◆

     地球温暖化のメカニズムについては、科学的に未解明な部分が多い。人為的に排出される二酸化炭素(CO2)が主因であることに懐疑的な科学者は少なくない。

     太陽活動の減退などにより、今後しばらくの間、地球はむしろ寒冷化するとの見方もある。

     昨年11月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書作成にかかわった英国の大学のコンピューターから大量のメールなどがネット上に流出した。その中には、気温上昇のデータ操作が疑われるメールもあった。

     排出削減を巡る交渉は、世界の科学者の集まりであるIPCCの分析結果を基にしている。その信頼性が揺らいだだけに、「ウォーターゲート」事件になぞらえ「クライメート(気候)ゲート」として騒動が続いている。

    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100111-OYT1T01061.htm

    --------------------
     
     
    まぁ 最終的な文意は別のところにありますが(笑)。
     
     
    それでも全国紙の社説に、寒冷化とクライメートゲートのことが書かれたのは画期的なことですし、ある種公平な報道だと思います。
     
    文末の『「25%減」の再検討を』という主張もすばらしいと思います。
     
     
    また、sub titleが 脱石油になっています。
     
    個人的なpriorityは
     
    ピークオイル & 脱石油依存  > 気候変動  
     
    peak oil & departure from dependence on oil  >  climate change
     
     
    です。今後温暖化しようと寒冷化しようと、石油はいずれなくなります。
     
    そういう意味では今後は、「脱石油」に関する考え方の多様性・論争等が、「気候変動」の次のトレンドであり、未来の要請に応えるものだと思います。




    1月12日
     
    2010.01.12 Tue l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 本日の読売新聞の社説に、寒冷化、クライメートゲート、そして「脱石油」 l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。