上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲

  • 「来年6月にリオで国連開発会議 地球サミット後20年」

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110309/plc11030908240007-n1.htm

    そもそも20年前にリオで「温暖化byCO2」「生物多様性」を決めました。それがどうなったのかというその検証が重要だと思います。


    まず「温暖化byCO2」に関して今までの検証を書かせて頂きます。

    大きくまとめて2つです。

    ① 排出権取引に関して、日本は国際的に はめられてた。「京都」冠の議定書で逃げられないようにされてた。
     
    ② 「温暖化byCO2」そのものが非科学的で、世界的に詐欺行為。

    -----

    ① 排出権取引に関して、日本は国際的にはめられてた。「京都」冠の議定書で逃げられないようにされてた。

    日経関連 :「京都議定書延長問題における日本の主張についての筆者の総括は、京都議定書が地球規模の温暖化対策に効果がなく、同議定書の延長がむしろこれに逆行するという事実の直視を世界に迫った という意味で、温暖化交渉の歴史に残るものであった。」

    http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/yamaguchi/94/index.shtml

    http://allabout.co.jp/gm/gc/374268/

    その時に大臣説得に頑張った官僚の方 : http://twitter.com/HirokoKado


    ② 「温暖化byCO2」そのものが非科学的で、世界的に詐欺行為。

    テレグラフ 2010.10.09

    地球温暖化と米国物理学会のありかたを非難して学会を脱退した科学者の辞表の全内容

    米国の物理学教授:「科学者としての長い人生の中で、地球温暖化ほどの疑似科学的な巨大詐欺は見たことがない」

    ハロルド・ルイス氏は、カリフォルニア大学の物理学の名誉教授です。

    http://oka-jp.seesaa.net/article/165248975.html

     

    表にはでませんが、日本の各界に影響を与えた在米の日本人若手科学者(当時)のブログ。週刊誌にも間接的に出てました。世界的に優秀な科学者です。

    http://d.hatena.ne.jp/nytola/archive

     

    -----

    その他で 補足です。

    ③ アメリカ政府の内部資料(databaseより)

    http://1.usa.gov/kzg3WW

    人為的温暖化byCO2の起源は一説によるとこれとか。全てはここから始まっており、気候感度、雲の不確定性など、30年前に既にまとめられてます。

    ④ 米国政府は'89以降に累計で7兆円近い税金をこの研究や衛星費用に回したとか(時価)。温暖化懐疑派が得た研究費は2億円 http://bit.ly/eaV1K http://bit.ly/jKhJTF

    The US government spent $79 billion on climate research and technology since 1989 – to be sure, this funding paid for things like satellites and studies, but it’s 3,500 times as much as anything offered to sceptics. It buys a bandwagon of support, a repetitive rain of press releases, and includes PR departments of institutions like NOAA, NASA, the Climate Change Science Program and the Climate Change Technology Program. The $79 billion figure does not include money from other western governments, private industry, and is not adjusted for inflation. In other words, it could be…a lot bigger.

    -----

     

    「温暖化byCO2」に関する報道は日本国内でのノリと海外でのノリが全く違うと感じています。

    海外系の最新情報(in日本語)は以下で読めます。

    ↓ nomurahdsさんの分で日時をクリックして頂ければ詳細が読めます。 

    http://twitter.com/#!/search/%23nomucc


    伊藤公紀先生(横浜国立大学大学院工学研究院)の主に温暖化byCO2に関するblog

    http://yaplog.jp/itoh_kiminori/category_5/


    海外では明らかにフェイドアウト気味です。

    そして、生物多様性関係の「名古屋」冠の議定書に先日 日本側が署名しました。

    http://www.asahi.com/international/update/0512/TKY201105120400.html

    この流れが「京都」冠の温暖化byCO2と全く同じです。

    生物多様性に関してはまだ詳細が決まったわけではありませんが、「名古屋」冠で逃げられなくして、おそらく何かしらの形で日本側に金銭を要求する形になるリスクがあります。それが非科学的でもです。


    以上が20年前のリオでの地球環境サミットに関する現在の検証の要約です。

    ----------

    来年のリオ+20に関してご存知かもしれませんが、テーマは「グリーン経済」「持続可能な開発のための国際枠組み」の2つのようです。


    http://www.murc.jp/politics_c1/search_now/2011/05/sn_110502.html


    公式HP (英語版) http://www.uncsd2012.org/rio20/index.php?menu=61



    当然、生物多様性に関する情報も公式HPにあります。
     
     

    来年のリオ+20では、20年前のデジャブはなしであってほしいです。
     
    スポンサーサイト
    2011.06.12 Sun l 温暖化 l COM(0) TB(2)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 来年の「リオ+20」の前に、20年前の地球サミットの検証が重要かと。 l top ▲
  • コメント

    コメントの投稿












           

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://dotcom07.blog32.fc2.com/tb.php/55-33fdf561
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    管理人の承認後に表示されます
    2012.10.28 Sun l
    管理人の承認後に表示されます
    2012.10.28 Sun l
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。