上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • いつもお読み頂き有難う御座います!!

    ざっとこの本に目を通しました。


    「気候文明史 」 田家 康 (著)

    http://amzn.to/9JQWpM
     
     
    以下個人的なポイントを書かせていただきます。
     
    小氷期(=14世紀以降の寒冷化した時代)には、酸素同位体の振れ幅が現在よりも大きく、気温の変動が激しかったことがわかる。
    2万年前まで続いた最終氷期は、小氷期以上に激しく気候が変動する時代であった。
    気候は温暖化すると安定し、寒冷期になると短期的な変動が大きくなる傾向。
     
    北大西洋振動と北極振動
    寒冷期のヨーロッパの本当の救世主はジャガイモとトウモロコシ
     
    太陽黒点数のが増える時のエネルギー放射量はわずが0.1%に過ぎない。 (関連blog
    しかし、太陽放射の中で、紫外線地域は9%、可視領域が45%、残りが赤外線域。黒点の変動周期での変動幅はそれぞれ違う。
    人工衛星での観測によると、約11年周期の中で、紫外線は8.3-14%も変動。
    紫外線のほとんどが成層圏で酸素やオゾンにより吸収されるため、大気上空から地球の気温を上昇させている可能性もある。
     

    先日のnewsですと寒冷化の時代の到来を予期させるものもあります。今後のご参考になれば幸いです。
     
    スポンサーサイト
    2010.06.20 Sun l 気候変動 l COM(2) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 気候は温暖化すると安定し、寒冷期になると短期的な変動が大きくなる傾向 l top ▲
  • コメント

    No title
     今年の春は気温の変動も激しく、寒い日が続いていたので、寒冷期が来てるんじゃないかなぁと私も思っちゃいます。もっとも、アイスランドの噴火によって舞い上がった塵の影響で日射量はまず減るでしょうし、今年は例年より寒くなるのは間違いないでしょう。
    2010.06.20 Sun l 花園祐. URL l 編集
    本来は寒冷期
    図書館て借りた「地球を殺そうとしている私達」によれば、本来は寒冷期の筈だそうです。
    問題は現在進行している南北の氷床の溶解による海水面の上昇、もありますが、海流への影響で、例えばメキシコ湾流が止まれば北欧から中央アジアが寒冷化する。
    また、気候の変化による生物への影響で、「いのちの中にある地球」でも同様に書かれている、生物多様性のバランスは繊細なもので、バランスが一旦崩れ始めると手の施しようがなくなる、との事です。
    どちらにしても、現代人の生き方は自然に反するものでツケは必ず払わされるし、精神的にも良く無い。人生を生きる上で良くない。
    と思います。
    駄文で失礼いたしました。
    どうかご自愛下さりますよう^^
    2010.11.08 Mon l 水巻 拓. URL l 編集

    コメントの投稿












           

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://dotcom07.blog32.fc2.com/tb.php/52-536420b3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。