上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  •  
    最近知ったんですが、有機農業の農家の方も種・苗をメーカーから買ってる人が多いそうです。
     
    植物は、種と環境があって発育・成長するものだと思います。
     
    有機農業は環境に焦点を当てた農法ですが、種・苗作りも大事だと思います。
     
    以前米作りの名人として名高い岩澤信夫先生に直接教えていただいたことですが、
     
    「(作物は) 7割が苗作り、2割が土作り、1割が人作り できまる。」
     
    とおっしゃっていました。それぐらい種と苗は重要だと思っています。(厳密には種と苗は違いますが)
     
    F1、GMとかいろいろありますが、自然農法による自家採種の種が自然にかなっていてベストだと思います。

     
    以下参考siteです。
     

    第2回 
    自家採種生産者会議 
     
    http://www.daichi.or.jp/blog/tokutaro/2009/08/2.html

    中村三善氏                                            

    4年ほど前から有機の生産者の人たちと交流を持ち始めたが、その時驚いたのは、自家採種をしている人が非常に少ないということ。種を採り始めたら作物はどんどん変わっていく。それが分るのは体験からしかないので、ぜひやってもらいたい。                     

     

    自家採種で食文化と自立を守る
     
    http://www.daichi.or.jp/blog/ebichan/2009/06/-nb-11.html
    スポンサーサイト
    2009.09.16 Wed l 自然農法 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 有機農業の盲点 l top ▲
  • コメント

    コメントの投稿












           

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://dotcom07.blog32.fc2.com/tb.php/34-69dd7fb4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。