上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • いつもお読み頂き有難う御座います!!

    ざっとこの本に目を通しました。


    「気候文明史 」 田家 康 (著)

    http://amzn.to/9JQWpM
     
     
    以下個人的なポイントを書かせていただきます。
     
    小氷期(=14世紀以降の寒冷化した時代)には、酸素同位体の振れ幅が現在よりも大きく、気温の変動が激しかったことがわかる。
    2万年前まで続いた最終氷期は、小氷期以上に激しく気候が変動する時代であった。
    気候は温暖化すると安定し、寒冷期になると短期的な変動が大きくなる傾向。
     
    北大西洋振動と北極振動
    寒冷期のヨーロッパの本当の救世主はジャガイモとトウモロコシ
     
    太陽黒点数のが増える時のエネルギー放射量はわずが0.1%に過ぎない。 (関連blog
    しかし、太陽放射の中で、紫外線地域は9%、可視領域が45%、残りが赤外線域。黒点の変動周期での変動幅はそれぞれ違う。
    人工衛星での観測によると、約11年周期の中で、紫外線は8.3-14%も変動。
    紫外線のほとんどが成層圏で酸素やオゾンにより吸収されるため、大気上空から地球の気温を上昇させている可能性もある。
     

    先日のnewsですと寒冷化の時代の到来を予期させるものもあります。今後のご参考になれば幸いです。
     
    スポンサーサイト
    2010.06.20 Sun l 気候変動 l COM(2) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 気候は温暖化すると安定し、寒冷期になると短期的な変動が大きくなる傾向 l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。