上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • 記事の内容に一部?な箇所もありますが、全体的な主張には共感させていただいてます。

    以下一部コピーです。

     

    太陽の活動弱まる? 黒点周期から目離せず  「極小期」訪れる兆し by日経

    2010/5/29 19:04

     

     太陽の活動がこれから数十年にわたって弱まる可能性が一部の科学者から指摘されている。活動の活発さを示す太陽の黒点がほとんどなくなる「太陽活動極小期」が訪れる兆しがあるのだ。

    画像あり

     太陽の活動は平均11年の周期で強まったり弱まったりするが、この周期は時折、乱れる。

     黒点の記録からは、西暦900~1200年ころに太陽活動が活発な時期が続いた後、活動が弱い極小期が4回にわたって訪れた。極小期は30年くらいから100年以上とまちまちだ。

     17世紀後半の「マウンダー極小期」は、北半球で寒さが厳しい時期だったことが知られている。19世紀に4回目の極小期がすぎてから、比較的活発な時期が続いてきた。

     科学者が心配しているのは、直近の太陽活動周期に起きたリズムの乱れだ。 ( 1996年から黒点数が減り始めたが、増加が認められるようになったのは2009年半ば。13年近くかかった。 ←?)

     過去の記録から得た経験則では、11年のリズムが崩れて周期が延びると、次か、その次の周期の後、極小期を迎えるいま、再び黒点数は増えつつあり、太陽は新しい活動周期に入ったとみられているが、現在の周期が今後どう推移するかが、注目の的だ。

     東京大学宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教らは、屋久杉や、土に埋もれた古い樹木の年輪に含まれる微量な放射性炭素の量から、過去1100年の太陽活動の変化をより厳密に調べた。

     太陽活動によって、遠い宇宙から地球大気に飛び込んでくる宇宙線(陽子などの電気を帯びた粒子)の量が変わる。太陽が元気だと、宇宙線ははねとばされ、地球に届きにくい。その変化の痕跡が樹木の年輪に残る。

     宮原さんらの長期分析でも、極小期は11年のリズムが崩れた後に訪れる傾向があった。また宇宙線自体も、黒点周期の2倍の22年周期で変動し、やはり極小期前には乱れがみられる。最近の衛星観測では、地球に届く宇宙線がこれまでになく増えており、この面でも太陽活動の変調が裏付けられた。

     仮に、太陽の活動が弱まれば、地球の気温は下がる。0.3度ほど下がるとの予測もある。

     太陽活動周期にはナゾが多い。正確な気候変動予測のためにも太陽から目が離せない。

    (編集委員 滝順一)

     

    PS 太陽の黒点活動で参考になるsiteです。

    Sunspot Plotter

    NASA

    スポンサーサイト
    2010.05.30 Sun l 太陽の黒点活動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 日経から:太陽の黒点がほとんどなくなる「太陽活動極小期」が訪れる兆し l top ▲
  • 日本と西洋社会では社会性の違いが顕著です。ともすると日本では正しい情報が伝わりにくいと思います。

    記事


    温暖化対策法案が衆院委で可決してしましました。

    記事

    こういう時こそ大手マスコミには頑張ってもらいたいです。


    PS 

    今の小選挙区制は、特に日本では本当に危険ですね。多数決が必ず正しいとは限らないですし。 

    2010.05.17 Mon l 気候変動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 毎日新聞の本日の社説:温暖化疑惑事件 科学者はもっと発信を l top ▲
  • 産経ニュースより 以下一部コピーです。


    5月3日。IPCCと国連の要請を受け、国際的学術組織「インターアカデミーカウンシル(IAC)」はIPCCの報告書を検証する12人の委員の名前を発表した。

    日本からも1人、気象学者の真鍋淑郎氏が入っていた。

     真鍋氏は78歳。東京大学理学部卒業後、渡米し米国海洋大気庁(NOAA)に入庁。プリンストン大上級気象学者で活躍の基盤は米国となっている。

     この人選について、国立環境研・温暖化リスク評価研究室長の江守正多氏は「温暖化予測の基礎を作った人。先人の立場でアドバイスしてもらえるのではないか」と評価する。

    --

     IPCCの報告書にかかわる科学者たちは無報酬だ。日本の場合、会議への参加は国家公務員の出張規定に準じて、日当と交通費が出るが、報告書をまとめたり、チェックしたりといった役割を担うのに費やす時間労力に金銭の対価はない。

     「本業以外に相当の負担労力がかかるわけだから、当初はIPCCの報告書の執筆者になりたいという科学者は少なかったが、今や肩書の一つになってしまっている」と、苦言を呈するのは、当初からIPCCに深くかかわってきた地球環境産業技術研究機構副理事長の茅陽一氏だ。


    http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100516/env1005161701002-n1.htm

    2010.05.16 Sun l 温暖化 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 産経:温暖化予測の基礎を作った78歳の気象学者がIPCCを公平にチェックできるのか? l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。