上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  •  
    地球温暖化データにねつ造疑惑(09/11/26)
     

    以下一部コピーです。
     
     

     気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が採用した、人為的な地球温暖化の有力な証拠とされるデータにねつ造の疑いがあることが分かり、先週末から欧米主要メディアの報道が相次いでいる。かつてのウォーターゲート事件をもじった「クライメートゲート(Climategate)」という言葉も作られた。来月デンマークのコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)に影響が及ぶ可能性がある。

     疑惑の舞台となったのは、国際的な温暖化研究の拠点のひとつである英イーストアングリア大学。何者かが気候研究ユニット(CRU)のコンピューターに侵入し、1996年から最近までCRUが外部とやり取りした1000通以上の電子メールをハッキングして匿名サーバーに置いた。さらに、温暖化懐疑派のブログなどにその存在を知らせ、メールの内容が明るみに出た。

     そこで注目されたのが有名な「ホッケースティック曲線」だ。過去 1000年間にほぼ横ばいだった気温が、温室効果ガスの排出が増えた20世紀後半に急上昇したことを示す。IPCC報告書でもたびたび引用されたが、あいまいなデータ処理が以前から問題視されていた。メールの中で、フィル・ジョーンズCRU所長は1960年代からの気温下降を隠すことで、80年代からの上昇を誇張するデータのtrick(ごまかし)があったことを示唆している。

     ジョーンズ所長らは流出した電子メールが本物であることを認めたうえで、疑惑について24日に声明を発表。「trickとは新データの追加を意味する言葉で、ごまかしではない」などと釈明している。

     さらにメールでは、2001年にまとめられたIPCC第3次報告書の代表執筆者のひとりだったジョーンズ所長が、懐疑派の学者に対して「報告書に論文を掲載しない」「論文誌の編集からはずす」「CRUのデータにアクセスさせない」といった圧力を加えたことがつづられている。

     欧米には懐疑派のウェブサイトやブログが多数あり、クライメートゲートについて盛んに議論されている。メール流出はハッキングでなく、目前のCOP15を揺さぶることを目的にした内部告発者のしわざではないかとの見方も出ている。

    横浜国立大学の伊藤公紀教授は「IPCCが科学的な知見をゆがめたという不信感が広まれば、交渉はさらに難航する恐れがある」と指摘している。

    [2009年11月26日/Ecolomy]

    スポンサーサイト
    2009.11.26 Thu l 温暖化 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - IPCCの地球温暖化データにねつ造疑惑 by 日経ネット l top ▲


  •  本日発売のnewsweekの記事から
     
    ( サメと温暖化が来た逃げろ!)
    地球が寒冷化しているという「不都合な真実」
     
     
    英語版
     
     
    その中から一部ご紹介させていただきます。
     
     
     
    ウォールストリート・ジャーナル紙のジェフリー・ボール記者の11月2日付けの記事から
     
    原文 動画あり from wallstreet journal
     
     
    『  IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が温暖化を断言した直後から寒冷化が始まったdataあり。  』
     
     
     
    寒冷化に関してはmixi上でもさまざまな情報が寄せられてます。ざっと読んだだけでもいかに国内の報道にバイアスがかかっているか明らかです。
     
     
     
    PS 1
     
     
    勝手ながら気候変動に関して私見を書かせていただきます。


    1 ミクロとマクロで 解釈が違う。

    2 特に夏場と冬場では主な要因が違う。

    夏場 : 日差しが強いので 「雲」の有無が影響する ← 雲への黒点活動の影響

    冬場 : 雲があってもなくても気温はそんなに変わらない。 

    気圧配置と気団(寒気団も暖気団)の影響が大。

    ざっとこんな感じです。
     
     
     
     
     
    PS 2
     
    上記newsweekの記事の前にゴアさんの記事が約6Pあります。記事のvolumeからして、PR会社に依頼してる感じがします。
     
     
    「環境伝導師」ゴアのプロジェクト第2章-「不都合な真実」の続編が登場
     
    以下コピーです。
     
    ドキュメンタリー映画「不都合な真実」で<地球温暖化>問題を世界に広く知らしめた、アル・ゴア元米副大統領の新著書「私たちの選択」が発売されるそうです。アメリカの世論調査では地球温暖化に疑問を感じている人が増えているそうですが、新著書の内容はいかに?


    PS 3

    私ごとで誠に恐縮ですが、はてなブックマークにご協力いただけると有難いです。勝手ながら宜しくお願い申し上げます。(後方に専用ボタンあり)
     
     
    2009.11.25 Wed l 寒冷化 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 名門ウォールストリート・ジャーナルも認めた地球「寒冷化」 l top ▲
  • マイクロソフトの元社長の成毛眞さんがblogでフリーメイソンのロンドンの博物館訪問記を書かれています。

    奥にはmuseum shop的なshopがあり、いわゆるメーソンgoodsが売られてるそうです。

    webshopとも連動しており、会員用のバッジも簡単に手に入るようです。

    まぁ 行かれたり、買われたりされるのはお勧めしませんが(笑)。


    PS 手前味噌で恐れ入りますが、フリーメイソン、ロスチャイルド関係で以前のエントリーです。

    坂本龍馬のバックもメーソンですね . . . . .




    (フリーメイソン=フリーメーソン)
    2009.11.17 Tue l フリーメイソン l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - フリーメイソンのロンドンの博物館訪問記 webshopもあり?! l top ▲
  • 週刊朝日 [ 11月20日号](10日発売分) p106
    「 覆されるか「日本書紀」(2)-「聖徳太子はいなかった」説はホントなのか 」

    聖徳太子(厩戸皇子) から 厩戸皇子(聖徳太子)

    というのが最新の歴史の見解のようです。

    教科書もそうなりつつあります。

    あと 実際の厩戸皇子の姿から かなり脚色とか いろいろとあるような感じがします。


    以下 参考まで。


    http://www.google.co.jp/search?q=%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90%E3%80%80%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%80%80%E5%8E%A9%E6%88%B8%E7%9A%87%E5%AD%90&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rls=GGIC,GGIC:1970--2,GGIC:ja
     
     
    http://r25.jp/magazine/ranking_review/10004000/1112007110816.html
     
     
    PS mixiでこの件でtopicsをあげました。よろしければご参加ください。

    http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=48119379&comment_count=0&comm_id=10172
     
    2009.11.16 Mon l 歴史 l COM(2) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 「聖徳太子」はいなかった? l top ▲
  • 真弓定夫先生の直近のお話によりますと、

    世界の人口の2%の日本人が世界の薬の30%を占めるそうです!

    他にもちょっとびっくりするお話が出てますので、関心のある方は以下のblogをご覧ください。


    「 医療について言えば、日本は世界的にみて特殊な国 」

    http://syokutokenkou.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-bb05.html
    2009.11.07 Sat l 食育 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 世界の人口の2%の日本が 世界の薬の30%を占める というお話 l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。