上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲
  • 記事の内容に一部?な箇所もありますが、全体的な主張には共感させていただいてます。

    以下一部コピーです。

     

    太陽の活動弱まる? 黒点周期から目離せず  「極小期」訪れる兆し by日経

    2010/5/29 19:04

     

     太陽の活動がこれから数十年にわたって弱まる可能性が一部の科学者から指摘されている。活動の活発さを示す太陽の黒点がほとんどなくなる「太陽活動極小期」が訪れる兆しがあるのだ。

    画像あり

     太陽の活動は平均11年の周期で強まったり弱まったりするが、この周期は時折、乱れる。

     黒点の記録からは、西暦900~1200年ころに太陽活動が活発な時期が続いた後、活動が弱い極小期が4回にわたって訪れた。極小期は30年くらいから100年以上とまちまちだ。

     17世紀後半の「マウンダー極小期」は、北半球で寒さが厳しい時期だったことが知られている。19世紀に4回目の極小期がすぎてから、比較的活発な時期が続いてきた。

     科学者が心配しているのは、直近の太陽活動周期に起きたリズムの乱れだ。 ( 1996年から黒点数が減り始めたが、増加が認められるようになったのは2009年半ば。13年近くかかった。 ←?)

     過去の記録から得た経験則では、11年のリズムが崩れて周期が延びると、次か、その次の周期の後、極小期を迎えるいま、再び黒点数は増えつつあり、太陽は新しい活動周期に入ったとみられているが、現在の周期が今後どう推移するかが、注目の的だ。

     東京大学宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教らは、屋久杉や、土に埋もれた古い樹木の年輪に含まれる微量な放射性炭素の量から、過去1100年の太陽活動の変化をより厳密に調べた。

     太陽活動によって、遠い宇宙から地球大気に飛び込んでくる宇宙線(陽子などの電気を帯びた粒子)の量が変わる。太陽が元気だと、宇宙線ははねとばされ、地球に届きにくい。その変化の痕跡が樹木の年輪に残る。

     宮原さんらの長期分析でも、極小期は11年のリズムが崩れた後に訪れる傾向があった。また宇宙線自体も、黒点周期の2倍の22年周期で変動し、やはり極小期前には乱れがみられる。最近の衛星観測では、地球に届く宇宙線がこれまでになく増えており、この面でも太陽活動の変調が裏付けられた。

     仮に、太陽の活動が弱まれば、地球の気温は下がる。0.3度ほど下がるとの予測もある。

     太陽活動周期にはナゾが多い。正確な気候変動予測のためにも太陽から目が離せない。

    (編集委員 滝順一)

     

    PS 太陽の黒点活動で参考になるsiteです。

    Sunspot Plotter

    NASA

    スポンサーサイト
    2010.05.30 Sun l 太陽の黒点活動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 日経から:太陽の黒点がほとんどなくなる「太陽活動極小期」が訪れる兆し l top ▲
  • 以下コピーです。


    太陽は現在極小期にあり、太陽風はここ50年で最も弱い。New Scientistによるとここ3週間で3つの黒点が出現しているようだが、それまでは200日近く黒点が表われず、最近は特に活動が少なかったとされている。

    http://slashdot.jp/science/08/10/19/0640211.shtml
    2008.10.24 Fri l 太陽の黒点活動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - ようやく現れ始めた太陽の黒点? l top ▲
  • 太陽の黒点活動とともに太陽照度がどのように変化していのか、大気圏外での観測ならCO2や雲の影響なしで観測可能だ思います。

    「地球異常」 山元龍三郎先生著(1993年刊)によると、

    太陽の黒点活動の十一年周期の中では 太陽照度の変化はせいぜい約0.05~0.1%に過ぎなかった 様です。

     

    2 

     照度の極大の大きさは、必ずしも、黒点数の極大の大きさに比例していない様です。

     

    あくまで過去のデータを基にした考察であり、今後の太陽照度の変化を示す物ではありませんが、参考にはなるとは思います。

     

    詳細は以下の一部要約をご覧ください。

     

    「地球異常」 山本龍三郎先生著(1993年刊)   第六章 予測困難な太陽活動の影響 p172-p176

     

     


    宇宙からの太陽照度観測



     宇宙時代の幕は、一九五七年に旧ソ連が打ち上げたスプートニク一号により、開かれました。それまで大気という深い海の底から、大きい誤差を覚悟しながら太陽照度を観測してきた米国の科学者は、当然、地球圏外からの観測の計画に着手しました。

     宇宙では太陽からの放射が非常に強いので、それに耐えて長期間継続的に正しく作動する測器を作る必要があります。その開発に十年以上の時日を要しましたが、一九七〇年代後半に完成しました。

     この測器を「ニンバス七号」などの人工衛星に搭載して、一九七八年末から観測が始まりました。これらの観測によると、太陽照度も黒点数もともに日々激しく変化ています。現在、十数年分のデータしか発表されていませんが、数年以上にわたる長期的な変化傾向については、昔から信じられていたように、太陽黒点数が減ると太陽照度も弱くなることが確かめられました。

     一九七九年末の黒点数の極大期から一九八五年半ばの黒点極小までの間に、太陽照度がおおよそ〇・一%減少したことが分かり、その変化の程度は、昔から信じられていたほどに大きいものではありませんでした。






    太陽照度の百年問の推移


     太陽照度の信頼できる人工衛星観測データは十年程度しか集積されていませんが、このデータを基礎にして、過去にさかのぼって太陽照度の値を算定する研究が行われました。

     黒点数が多いときには、太陽活動は盛んで、「白斑」と呼ばれる非常に輝いた部分が多く現れます。この白斑の影響のために黒点数の多いときには太陽照度は強くなっています。

     一方、黒点そのものは、暗く見えていることからも分かるように、照度を弱くするように作用しています。

     米国海軍所属のフルート宇宙研究センターの女性科学者ジュディス・リーンらは、白斑の照度を強める作用と黒点の照度を弱める作用とが、黒点数や太陽照度とどのように関係しているかを、「ニンバス七号」の太陽照度の観測データを用いて調べました。

     この結果を用いてリーンらは、十九世紀末から最近までの太陽照度の変化を算定しました。その結果によると、予想されていたように、太陽照度は十一年周期で変化してきました。黒点数が極大の年には照度も大きく、黒点数の極小時には照度も少ないのです。そして、太陽照度の変化はせいぜい約〇・〇五%に過ぎないことも分かりました。

     

     リーンらの研究結果のうち、もう一つの注目すべきことは、

    照度の極大の大きさは、必ずしも、黒点数の極大の大きさに比例していない

     ということでした。十一年周期については、太陽照度は確かに黒点数に対応して変化していますが、十一年以上の変化について、太陽黒点数は、必ずしも、太陽照度の長期的変化の指標とはみなせないことが分かったのです。


     

     

     

    太陽活動と気温変化


     人工衛星の観測が始まるまでは、太陽照度が黒点や白斑にどのように影響されているのか、詳しく知られていませんでした。太陽照度の変化が、リーンらの研究によって明らかにされましたので、気候に対する太陽活動の影響を再検討することが必要になりました。

     一九五一年以降の太陽照度と気温偏差は、図六-二に見られるように互いに関係して変化しています。上の図で示した約五年の移動平均の太陽照度は約十一年の周期で〇・〇五%の程度の変化をしています。

     一方、下の図で示した北極付近から南極付近までの海上の平均気温の約五年の移動平均値は、太陽照度よりも約一年遅れていますが、太陽照度の強いときに高温となるように変化していて、その程度は約〇・一℃です。

     数値シミュレーションの結果は、一%の太陽照度の変化に対して、全地球平均気温の変化が約一℃であることを前に述べました。この結果と整合する気温変化が図六-二に示されていますから、数値シミュレーションの結果が実際の気温データによって確認できたといえます。

     それでは、太陽照度は今後どのように変化すると予測できるのでしょうか。太陽活動は極めて複雑な現象ですから、その長期の予測は非常に困難です。

     

     

     

    尚、今回の投稿は、竹村さんをはじめ関係者の方のご協力の下に円滑に進められたことに対して、ここに謝辞を表したいと思います。有難う御座いました!!!

     

     


     

    2008.10.21 Tue l 太陽の黒点活動 l COM(1) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 宇宙での太陽照度観測による考察 l top ▲
  • 私は 夏場の気候変動の要因の一つはは太陽の黒点活動だと思っています。
     
    詳細は以下をご覧ください。
     
     
    以下一部コピー&編集済みです。
     
     
     
     
    http://tanakanews.com/070220warming.htm
     

    ▼無視されてきた太陽黒点説  2007年2月20日現在

     IPCCの報告書では、温暖化の原因は、二酸化炭素など温室効果ガスの増加に集約されており、他の原因については少ししか議論されていない。だが、最近の研究で、実は二酸化炭素よりも太陽黒点の活動の方が、温暖化に関係しているのではないかという説が有力になっている。

     これはデンマークの学者 ヘンリク・スベンスマルク(Henrik Svensmark)らが10年以上前から研究しているもので、以下のような説である。宇宙は、星の爆発などによって作られる微粒子(荷電粒子)で満ちており、微粒子は地球にも常にふりそそぎ宇宙線として知られている。大気圏にふりそそぐ宇宙線の微粒子には、その周りにある水蒸気がくっついてきて水滴になり、雲をつくる。ふりそそぐ宇宙線が多いほど、大気圏の雲は多くなる。(ほかに雲の水滴の核になるものとして、地上から舞い上がった塵の微粒子がある)

     太陽は、 黒点活動が活発になると、電磁波(太陽風)を多く放出し、電磁波は宇宙線を蹴散らす ので、地球にふりそそぐ宇宙線が減

     

    宇宙線が減ると、雲の発生が抑えられ、晴れの天気が多くなり、地球は温暖化する。

     

    逆に太陽黒点が減ると、ふりそそぐ宇宙線の量が増え、雲が増えて太陽光線がさえぎられ、地球は寒冷化する。

     

    世界史を見ると、太陽黒点が特に少なかった1650年からの50年間に、地球は小さな氷河期になり、ロンドンやパリで厳しい寒さが記録されている。

     

     

     IPCCでは「20世紀は、地球の工業化で増えた二酸化炭素によって温暖化した」という説が有力だが、スベンスマルクの説だと、 20世紀は太陽黒点が多い時期 で、宇宙線が少なく、雲の発生が少なかったので、温暖化の傾向になったのだとされる。雲を研究している学者の多くは従来、宇宙線の多寡は雲のできかたに関係ないと主張しており、スベンスマルクの説は否定されていたが、スベンスマルクらは2005年の実験で、宇宙線が水蒸気を巻き込んで水滴をつくることを証明した。(関連記事

     

     

     実験は成功したものの、おそらく温暖化の二酸化炭素説が政治的な絶対性を持っていたため、地球温暖化の定説をくつがえす内容を持っていたスベンスマルクらの実験結果の論文の掲載は、権威ある科学の専門雑誌からことごとく断られ、ようやく昨年末になって、イギリスの王立研究所の会報に掲載され、遅まきながら権威づけを得ることができた。だが、IPCCの報告書は、いまだにこの新説を無視している。(関連記事

     

     

    太陽の黒点活動に関して、以下も参考になるsiteです。

    http://r25.jp/magazine/ranking_review/10004000/1112008030608.html

     

     

     



    2008.05.14 Wed l 太陽の黒点活動 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 温暖化の真の原因は太陽の黒点活動か? l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。