上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト l top ▲

  •  本日1月12日付の読売社説より 抜粋です。
     
    -------------------
     
    ◆温室効果に懐疑論も◆

     地球温暖化のメカニズムについては、科学的に未解明な部分が多い。人為的に排出される二酸化炭素(CO2)が主因であることに懐疑的な科学者は少なくない。

     太陽活動の減退などにより、今後しばらくの間、地球はむしろ寒冷化するとの見方もある。

     昨年11月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書作成にかかわった英国の大学のコンピューターから大量のメールなどがネット上に流出した。その中には、気温上昇のデータ操作が疑われるメールもあった。

     排出削減を巡る交渉は、世界の科学者の集まりであるIPCCの分析結果を基にしている。その信頼性が揺らいだだけに、「ウォーターゲート」事件になぞらえ「クライメート(気候)ゲート」として騒動が続いている。

    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100111-OYT1T01061.htm

    --------------------
     
     
    まぁ 最終的な文意は別のところにありますが(笑)。
     
     
    それでも全国紙の社説に、寒冷化とクライメートゲートのことが書かれたのは画期的なことですし、ある種公平な報道だと思います。
     
    文末の『「25%減」の再検討を』という主張もすばらしいと思います。
     
     
    また、sub titleが 脱石油になっています。
     
    個人的なpriorityは
     
    ピークオイル & 脱石油依存  > 気候変動  
     
    peak oil & departure from dependence on oil  >  climate change
     
     
    です。今後温暖化しようと寒冷化しようと、石油はいずれなくなります。
     
    そういう意味では今後は、「脱石油」に関する考え方の多様性・論争等が、「気候変動」の次のトレンドであり、未来の要請に応えるものだと思います。




    1月12日
     
    スポンサーサイト
    2010.01.12 Tue l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 本日の読売新聞の社説に、寒冷化、クライメートゲート、そして「脱石油」 l top ▲
  • 坂本龍一さんがピークオイル&脱石油依存に関して語っておられます。
     
     
    1 on radio sakamoto  2010 0103 深夜放送分 
     
    http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/program/top.htm
     
    枝廣淳子さんとの対談から
     
    坂 「エネルギーの供給の構造を変えないとダメなんでしょう。化石燃料に依存しているから、そういう議論が出てくるんで。それを変えちゃえば、いっぺんに解き放たれるというかね。エネルギーのソースも、太陽も風力も地熱も波とかね、いろいろある訳だから、で、そこがまだビジネスモデルがまだ確立してないからこそ、大きな企業も中小企業もチャンスがあるってことですよね」

    枝 「もうひとつ怖いのは、エネルギーの問題が先に来ると思っているんですけど "ピークオイル" って言って、化石燃料、石油の生産量がピークに達して、そこから減っていくっていう。研究者が言っている平均値を見ると2012~2014年、あと2~3 年で来るって言ってるんですよね。で、その後、絶対に価格が上がっていくでしょう。1998年に日本が化石エネルギーを輸入するのにかけてたコストって、 5兆円くらいなんですね。ちょうど10年後の2008年、輸入量はほとんど変ってないんですけど、5兆円が23兆円になってるんですね。グラフがぐんぐん上がってるんですよね。消費量はあまり変らないんですけど、値段がどんどん上がっているんですね」

    坂 「23兆円!すごいですねぇ。ピークオイルっていうのは、ある点ではなくて傾向のことだから、もう始まってるんですよね。つまり、人によって、まだ石油の埋蔵量がこのくらいだとかね、ここ掘ればもっと出てくるハズだっていう人もいるけど、実はそういう話ではなくて、もちろん一生懸命探せば少しは出てくるでしょう。ところが探すのにも運んでくるのにも、ものすごいお金がかかる。結局、需要と共有のバランスで決まる値段のことなんですよね。つまり値段が上がり始めたってことは、ピークオイルが始まってるんですよね」

    枝 「実際に週単位で見たときの世界の産油量を見ると2006年がピークなんですよね。OPECは増やしてないと言うけれど、地質学者は増やせないんじゃないかとも言っていて、後から見たらピークオイルだったよね、っていう。それが何年かずれても値段が上がるのは間違いないから、ほんとにそのエネルギー構造を変えないと、この化石燃料に頼り続けているとCO2を出して排出量取引を買ってこないといけないし、エネルギーコストは23兆円から50兆円に上がって、とっても日本が貧しくなっちゃうなと思って心配なんですよね」
     
    (坂本龍一さんと枝廣さんの対談は、ノーカット版をポッドキャスティングで近日配信とのことです)
     
     
    2 
     
    http://www.more-trees.org/blog/2009/10/post-102.html

    水谷伸吉さん(more trees事務局の方) 

    「 もし仮に、温暖化が特定の集団が恣意的にあおっていることだとしても、脱化石燃料、低炭素社会はめざすべきだろう。これはウチのボスもメディアなどで語っていることだ。 」

     
     
    今年も徐々に、 
     
    ピークオイル & 脱石油依存  > 気候変動  
     
    peak oil & departure from dependence on oil  >  climate change
     
     
    そういう価値観を深めていく時期だと思っています。
    2010.01.04 Mon l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 坂本龍一さん says about ピークオイル&脱石油 l top ▲
  • http://oilpeak.exblog.jp/11688890/

    PS 更新がとまっていてすいません。
    忘備録っぽくでも再開したいとは思っています。
    宜しくお願い致します。
    2009.08.09 Sun l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - メディア コントロール l top ▲
  • 現代文明は 食糧と石油を中心に成り立っていると思います。

    特に19世紀半ば頃から20世紀前半までの人類の歴史は、食糧と石油の略奪そのものでした。

    日本が先の大戦で負けたのも当たり前です。燃料の9割を敵国に握られていたわけですから。

    アメリカがイラクに因縁をつけて攻め込んでも、北朝鮮に攻め込まないのは、戦利品としての石油利権の有無が関係していると、ユダヤ人のキッシンジャー氏も発言してます。



    石油が枯渇に向かう中、今後は 食糧と(次世代)エネルギーに よりfocusされるとは思っています。

    世界の表のTOPもそういう発言をされてますね。

    http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG11/20081119/160/

    以下コピーです。

    金融危機も環境問題も解決できる「グリーンな投資」という考え方を、バラク・オバマ米次期大統領、フランス・サルコジ大統領、イギリス・ブラウン首相、国連・潘基文事務総長らが主張しはじめてるとか。「21世紀のニューディール」政策、世界を救う決め手となるでしょうか。
    2008.11.19 Wed l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 食糧、石油、そして エネルギー l top ▲
  • 石井吉徳先生のblogのprofile欄に適確な表現があります。

    以下コピーです。

    「石油ピーク」は良く誤解されているような「枯渇」ではない、安く豊富な石油文明の終焉、だがその代替はない。

    http://oilpeak.exblog.jp/
    2008.10.24 Fri l 脱石油依存 l COM(0) TB(0)
  • |このエントリーを含むはてなブックマーク
  • |はてなブックマーク - 安く豊富な石油文明のピークオイル l top ▲
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。